忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
70
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [19] [18]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Oもし北朝鮮が攻めてきたら?
 それはそのまま、アメリカによる北朝鮮攻撃に道を開くことになります。
 北朝鮮からは、アメリカの主要部分を攻撃出来ないのに対して、
 アメリカは、ICBM・SLBM・巡航ミサイル・戦略爆撃機などで、
 北朝鮮全域を攻撃できるのです。
 北の「日本に侵略戦争をしかる」=「北朝鮮の全滅」を覚悟しなれば
 なりません。

Oでも、破れかぶれになる事だってあるのでは?
 もし、東京がミサイル攻撃をうければ、日本は壊滅状態でしょう。
 経済・政治の中心が、東京に集中しているのは、危険です。
 話は、日本海沿岸に点在する核施設でも、似たような結果になるはずです。
 懸命な策は、破れかぶれにさせミサイルを打ち込みたい心境にさせない外交
 努力だと思います。

Oでも、アメリカが守ってくれるとは限らないのでは?
 その可能性は0ではありませんが、安保条約違反であることは間違いないです。
 元・官房防衛審議官の小池清彦の弁です。
 「日米安保はあるが、平和憲法がありますから、アメリカもそれていいと。
  アメリカは、日本の領土・海域・空域が攻撃を受けた時には、
  アメリカに対する攻撃と見なして、日本を助ける。
  日本は、日本の領域に居る米軍が攻撃を受けた場合には、
  それは反撃するけれども、日本の領域・海空域の外で
  米軍が攻撃を受けた場合には、日本に対する攻撃と見なさない。
  こういう条約になっているわけでございますね。
  アメリカもそれでいいと言って、条約を結んだわけです。」

平和憲法は、日本にとって、極めて、有益な憲法と言えると思います。

O独善的平和に安住する日本では、世界から非難されないか?
 湾岸戦争は、ブッシュ父の「戦争の大義名分」に、最も成功した戦争です。
フセイン(元アメリカの使い魔)が、言いがかりをつけて、隣国クエートに侵攻し、
世界の殆どの国が、アメリカ攻撃を支持しました。
 「金は出すけど、危ないことはしない国」=日本と揶揄されました。
それで「これではいけない」と焦った日本は、大儀も証拠も皆無の、ブッシュ息子
イラク戦争に、派兵してしまいました。
 仏・独・露を初めとして、皆が疑問視する中を…。

 僕は「日本はもっと堂々としてていい」と思います。
 「金は出す!しかし、どんなことがあっても絶対、他国に派兵はしない国」
 「それのどこが悪い!」という気概くらいあってもイイと思いますよ。
 戦争の耐えない国々が、もっもと憧れる国=日本
 原爆を二つも落とされたのに、立ち上がり、超大国になった国=日本。
 世界、特にイラク人は、羨望の眼差しを送っていました。
 ・・・イラク派兵までは、・・・でも、今は違います

Oそして、僕は平和憲法は、最も有効な外交カードだ
 と思います。今もし、スイス・コスタリカが悪の枢軸国から爆撃されたら、
 世界の世論はどうなるでしょう?
 湾岸戦争でフセインが受けた非難、以上の怒号が世界を揺るがすでしょう。

 平和憲法を持つ国=日本が、北朝鮮から空爆をうけたらどうでしょう?
 実体は、世界有数の軍事大国=日本なのですが、平和憲法の方が、
 世界の知名度は上なのです。
 現在の日本は「ウサギの衣を着るハリネズミ」と言えるでしょう。

Oしかし、ハリネズミは、絶対、オオカミやライオンに成ってはいけない!
 のです。(by 元・防衛事務次官=箕輪 登)
 今回の改憲は、ハリネズミから、オオカミへの改悪だと僕は捉えています。
  
 自衛隊の元官房長=竹岡勝美はこういっています。
 『核爆弾を二発も受け、20万人の犠牲者を出し、60年後の今も子孫が
  「重複癌」に脅かされている日本、戦後60年非核三原則を世界に約束
  し続け、世界に核廃絶を訴えてきた日本は、口が裂けても「核保有」
  などと口外すべきではありません。米国を含む全世界よの猛反撃を受
  けるでしょう。
  確度も曖昧な弾道ミサイル防衛に巨額を投ずる理由がわかりません。
  その一部でも、北朝鮮人民の人道支援に拠出すれば、北の核問題も
  雲散霧消するでしょう』

(参考文献)
『憲法が変わっても 戦争にならないと…』
『我、自衛隊を愛す 故に、憲法9条を守る』


PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ご無沙汰しております。

7月18日の札幌別院の映画&講演会には参加させて頂こうと思っております。

有り難うございました(^^)♪
黄色いハンカチ 2007/07/17(Tue)14:42:12 編集
ようこそ
お忙しい中、よーこそもお出でくださいました。
知ってる人には、とっても有名な「黄色いハンカチ嫌い」さんのご参加を、心から歓迎いたします!
Lee 2007/07/19(Thu)21:21:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]