忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
70
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






『アフガン戦争』
(表ストーリー)
大国アメリカに、真珠湾攻撃以来の甚大な被害をもたらした9.11。アルカイーダのビンラディンは、網の目をかいくぐって逃亡。それを匿ったアフガニスタンのタリバン政権を、復讐のため叩き潰した。


この戦争も検証して見ましょう。まず、

O ウサーマ・ビン=ラーディン(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3

注目すべきは、このくだり

O 石油王ブッシュと、ビン=ラーディンの怪しい関係

「ブッシュ大統領一家とも金銭的つながりがあり、父のムハンマド・ビン=ラーディン
は、元アメリカ大統領ジョージ・H・W・ブッシュとともにカーライル投資グループの
 大口投資家であり役員だった。また、ウサーマの兄のサーレムは現アメリカ大統領
 ジョージ・W・ブッシュがかつて経営していた石油会社の共同経営者
である。」

ほらほら、段々、化けの皮が剥がれて来ます。

O 冷戦期、ソ連と戦ったウサーマ

ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻(1979年-1989年)時、サウジアラビアは、
 アフガニスタンのムスリムの抵抗を積極的に支援することに決め、王室に近かった
 ラーディン一家に支援を要請した。ウサーマは、駐アフガニスタン・サウジ王国
 公式代表に任命され、アフガンゲリラ諸派とともにアフガン義勇兵としてソ連軍と闘
 った
。」

O ウサーマはホットパンツが嫌い?・・・そして反米

ある説によると「ビンラディンがアルカイーダ立ち上げてテロ始めた理由は、
サウジ駐留米軍の女性兵が米軍基地内でホットパンツ穿いてたのに激怒したのが原因」
というのもあります。

つまり・・・、テロリスト=ウサーマ・ビン・ラーディンも、「made in USA」。
(裏のストーリー)
「親分(アメリカ)が、子分の裏切り者(ウサーマ)を、
 匿ったタリバンを、ため叩き潰した」


しかし、この話題には、更なる驚天動地な真相が、隠されていて・・・。
「実は親分(アメリカ)は、裏切り者(ウサーマ)を、捕まえる気がない!?」というね~。

次回はイラク戦争と絡めて、ピュリツァー賞を受賞した、
ジェームズ ライゼン著『戦争大統領』
http://www.7andy.jp/books/detail/?isbn=4620317802

からのお話しをします。・・・・・つづく
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]