忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
70
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



【 米軍女性兵士の85%セクハラ、45%性的暴行、
                 ・・・裁かれる犯罪者2% 】


 (写真)記事とは無関係です。

 スーザン(19才)はイラクで、同じ部隊の兵士からセクハラを
受け続け
上官からレイプされ続けた。上官との関係を拒否
すると虐めに遭った。
「男女平等担当官」に訴えても、調査は行われず・・・

 訓練中に、男性兵士が上官にレイプされる事件が起き、
二度目のイラク派兵命令を拒否。
 レイプした上官は、他の部隊に「栄転」、スーザンは
「逃亡兵」
として、軍法会議にかけられ。
 同じ部隊の人間を「レイプ犯」と告発した裏切り者=スーザン
は、30日間の禁固刑・全ての階級の剥奪処分。
 彼女の救援署名に「私も同じ目にあった」との告白や、
「これ以上、私に近づいたら、撃ち殺す」と言って、マシンガンで身を守った女性帰還兵もいた。

 なぜ?こんなことが起るのか?

戦場で人を殺せるよう、軍隊では、敵を非人格化する。
 イラク人=「砂漠の猿」「ハジ」
  女性 =「ビッチ」「売春婦」と呼ぶ。
 
アメリカでは、21才まで「飲酒」も禁止されている。が、
軍隊では、18才で「人を殺せ」と教えられる
そして、兵士自身も人間性を失っていく。

 暴力は、強者>>弱者>>人間ではない女性>>イラク市民>>
外国人へと、向けられていく。
沖縄から、米兵の暴行・強姦事件が無くならない理由がここに
ある。

O女性自衛官、上司による性暴力事件

 http://jinken07.10.dtiblog.com/blog-entry-3.html

 この問題は決して、対岸の火事とは、言えませんね!
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]