忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
70
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




6月14日、WALK九条の会の福崎裕夫(やすお)さんと、
念仏者九条の会会員との交流会を行いました。
まず、札幌市共済ホールで行われた映画「NAKBA」(パレスチナ難民
の苦難を題材にしたドキュメンタリー映画・広河隆一監督)を一緒に鑑賞。
イスラエルの若者が
「自分たちにとってパレスチナ難民の苦難はコインの裏側のようなもの。
見たくないものであるが、真実をこの日本の監督は見せてくれた。」
といってくれたことを広河監督が紹介されていました。
いい映画でした。

 続いて、近くの居酒屋で福崎さんと3人の会員とで交流会をしました。
福崎さんは自分をずるい「ねずみ男」になぞらえて行脚していますが、
それは人間の本当の姿なのだ、ということ。
「殺されたくない、という思いからはじまる平和運動は不徹底。
なぜなら殺されたくない、だから武器を持とう、という発想
にもなるから。
「ねずみ男」のようなずるい私たちはいざとなったら包丁で
人を殺しかねない。そんな私たちを、
「武器を持ってはいけない」という九条が守ってくれている」

「平和運動は笑顔が大切。軍備を持とう、という人の顔は怖い。」
などなど、色々と教えていただきました。楽しいひとときでした。

福崎さんの行脚は間もなくゴールを迎えます。ブログをのぞいてみてください。
http://huukei.huuryuu.com/9/
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]