忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
70
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





オーマイニュースで9条世界会議の映像、出ました!
                   (by nao-takatoブログ)
全体会当日の様子がこれで少しだけ見られます。
トークセッション「イラク、アメリカ、日本」の一部も入ってます。

オーマイニュース「9条世界会議」

http://www.ohmynews.co.jp/photo/20080509/24763

今、実行委員会では9条世界会議DVDを準備中だそうです。お楽しみに!
と、ここで実行委員会の方が見つけた感動の1コマをみなさまに。

<第2部の終わりのときに、すぐ後ろの席のご夫婦らしき2人の会話>

「うわわなんていいよ。もう帰ろう」
 (*このおじさんは「うわわ」といっていました)
「でも素敵な歌手なんですって。聞いていきましょうよ。」
「どうせミーハーの歌手だろ」
「いいじゃない。少しだけでも聞いていきましょうよ」

<UAのコンサートが終わったときの同じ2人>

「だから言ったじゃないか、早く帰ろうって」
「どうして? とっても良かったじゃない」
「何歌ってるのかわからないのに、涙が出てしょうがない。
 人前を歩けないじゃないか、どうすんだよ」 
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
九条系でチベット扱ってるのは珍しい
はじめまして、農家の子と申します。
ここは、珍しいですね。
チベットやミャンマーについて取り上げている。
九条の会は九条を守る事しか頭が回っていないので都合の悪い(論破されかねない話題)はスルーしていると思っていました。
尖閣や竹島の資源然り。
技術然り。

さて、私は、チベットやミャンマーの影に憲法九条を捨てれない日本が見えます。
憲法九条を守る事で明日の日本が平和である根拠を教えてもらえないでしょうか?
九条の会のやっている事は、我々(私は20代です)若い世代に課題を残す事しか見えないのです。

九条を守っていざ戦争となった時にとりあえず数で徴兵となると思います。
その様な事に振り回される事は勘弁願いたい。

もう一つのシナリオとして、降伏となれば我々日本人の尊厳は無視される事は間違いないと考えます。
九条を遵守しているから助けてくれるなどと言う甘い考えはそこでは通用しないはずです。

以上から私は技術革新が必要だと考えます。
故に、憲法改正は必須であると根拠付けています。
平和に生きるために、少なくとも残り50年程度の平和のために。。。
農家の子 2008/05/30(Fri)00:59:01 編集
はじめまして
農家の子さん、始めまして。
Leeと申します。よろしくお願いいたします。

>憲法九条を守る事で明日の日本が平和である根拠を教えてもらえないでしょうか?
ご質問にご質問で返すのは失礼なのですが、
農家の子さんのお考えを深く教え頂くために、お願いします。

>九条を守っていざ戦争となる
①何時頃、②どんなシナリオで戦争が起き、そして③その確率は、
どのくらいでしょうか?

お願いいたします。
Lee 2008/06/01(Sun)01:10:53 編集
無題
まず最初に私は預言者ではありません。
>①何時頃②どんなシナリオで戦争が起き③その確率
この3つがわかっていれば戦争は起きません。

戦争を言い当てる事ができる人間はいるのでしょうか?
火種の集積で予測は可能ですが、それは実際に起きてから「ほら、当たった」程度の物でしかないと思います。
歴史とはその様な物だと考えています。
しかし、ある種「ほら、当たった」のキッカケが社会に増え始めている。
これは否定できないと思います。
「九条を守ろう」と言う声に反比例して。

マクロな争いの戦争は推測の域を出ませんが、ミクロな争いに置き換えると「いじめ」があります。
体格のなさ(非武装宣言)と戦わない宣言をして、いじめに合わない確率は限りなく低いです。
いじめに合う確率も高の証明とはなりませんが、殴り返せない彼は一度いじめに合えば自殺するか逃げるまでいじめ続けられると思います。
逆に体格があって(武装宣言)と戦わない宣言であればいじめに合う確率は前者よりも格段にさがります。
また、仮にいじめにあったとして殴り返せるだけの力があれば状況をひっくり返す事ができます。

これを直接にマクロ的にする事は複雑さを考慮していないためナンセンスな事かもしれませんが、
そのまま持ってくると、スイスの目指す社会は後者だと聞きますね。九条を守る事で目指す社会は前者ですね。
そして、今の日本はかつての私自身でしょうね。
教師(アメリカ)の傘で身を守る。

LEE様に逆に質問します。
九条を守る事で戦争が起こらない確率とその根拠
、そして、仮に戦争が起きたとして九条がどの様に守ってくれるのかを教えてください。
農家の子 2008/06/01(Sun)11:07:51 編集
比喩でなくて~
比喩表現では、話しが、返って煩瑣になります。
「いじめ」は「いじめ」。「平和」は「平和」として、論じませんか?

>チベットやミャンマー=都合の悪い(論破されかねない話題
という御発言から、貴殿は、中国を仮想敵国視されている様にお見受けしましたが~?
如何です?

では、アメリカ・スイスをも視野に入れて、「対中国の具体的なお話」を進める中から、
「九条が、対外交戦略の有効なツール」である旨を、お話し出来るかと存じます。
Lee 2008/06/01(Sun)14:07:23 編集
無題
比喩とを交えるとわかり難くになる事は事実ですね。
ただ、比喩の重要性もあると思います。
この手の仮定の話は机上の空論になりがちです。
実際にありえない状態を話して行くのだから論を自由に展開できるのです。
私の仕事柄、空論的な考察はあまり好みません。
仕事でも空論的な考察には具体例で聞き返しています。
嘘ではない真実を聞いても仕方ないと思っています。


>仮想敵国について
普段、平和を謳っているにも関わらず
九条系のサイトが黙っている事に腹立たしく感じていると言う方が正しいです。
平和に関する話題があるにも関わらずそれを触れる事もなく九条の勉強会だとか会議だとかそれしかない。
そんな狭量で阿呆な団体ならいらないと考えています。
同時にその様な阿呆な団体の守る憲法も胡散臭いと感じますし、その阿呆な団体に振り回される事は勘弁願いたいと考えています。

まずは、こちらの判断材料として貴方の意見を聞かせてください。
農家の子 2008/06/01(Sun)22:48:03 編集
go
>まずは、こちらの判断材料として貴方の意見を聞かせてください。

http://nenbutusha.blog.shinobi.jp/Entry/1/
こちらが「設立宣言」です、ご自由にご判断下さい。
Lee 2008/06/01(Sun)23:14:40 編集
話しを具体的に進めましょう!
つまりは、貴殿の仮想敵国=中国。
でお話しを進めさせて頂いてよろしいですね?
Lee 2008/06/01(Sun)23:15:12 編集
無題
それで進めていただいて構いません。
私も具体例がないとわからないので。
ただ、仮想敵国よりも
私が一番許しがたいのは平和を謳い行動しない九条系だという事はご理解ください。
客観的に見てヒトの命よりも九条を守る事が優先と言うその姿勢に苛立ちを感じています。

貴方の考える愛国心とはなんですか?

農家の子 2008/06/02(Mon)01:42:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]