忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
70
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





ビルマでの反軍事政権デモは規模を拡大しており、国際社会もこの状況 に対応する態勢を築きつつありーそして、軍事政権はパニック状態に なっています。今日、ミャンマー政府は5人以上の集会を禁止 し、何千人もの軍隊をデモ鎮圧のために出動させました。しかし、僧侶 ら市民の反政府デモは続く。必死になった軍隊は自国民に対して暴力を ふるい、催涙ガスを用い、発砲しています。ラングーンでは5人 の僧侶に対して発砲したと伝えられています。

今からの36時間が命運を分けるのです。各国首脳は国連安全保障 理事会において緊急の非公式会議を招集しました。しかし、断固たる態 度をもって主導権を発揮しなければ、1988年の大量虐殺のような 事態には対応することはできません。すでに192ヶ国から 75,000人もの人々が我々の緊急世界署名運動に署名して下さっていま す。是非このメールをまだ署名していない方々に転送して下さい。下記 のリンクをクリックし、お名前をご記入下さい。我々は中国政府と国連 安保理理事国に毎日最新の署名を送付します

http://www.avaaz.org/jp/stand_with_burma/m.php

我々は国連加盟国に、中でもビルマの軍事政権の経済の鍵を握る中国に 対して、この暴力を終わらせ、平和的な政権委譲を実現するため断固と して軍事政権に圧力を加えるよう要求しています。もしこれに失敗すれ ば、大量虐殺はいつ起こるかわかりません

デモ参加者は決して反対を撤回しないことを宣言しています。ビルマの 国民は勇気をもって行動しています。この状況がテレビを通じて世界に 知られた今、世界の私たちが行動する番です

希望をもって

Paul, Ricken, Graziela, Paul, Galit, Iain, そして、全ての Avaaz メンバーの祈りの下に。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]