忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
70
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




【イギリス・フランスのナチスに対する妥協政策は、
対戦を招いたのではなかったか?】


1934.7オーストリア=ナチス党員が政権獲得を企て首相を暗殺
1935.3再軍備宣宣言
1936.3ラインラント進駐を強行
1937.11秘密会議でオーストリアとチェコスロヴァキアを
武力で併合する決意表明。
この頃、矢継ぎ早に、侵略計画を実行するナチスは、
現在の場合、どの国に相当するでしょうか?

少なくとも、現在の中国=当時のナチスと、喩える事は、不可能です。

どうしてもコジツケルなら、4~5年前のアメリカでしょうか…。
その尻馬に乗って「Love Me Tender~」歌って、
典型的な侵略戦争=イラク戦争に、派兵してしまったのが、
保守系日本人が、愛して止まない小泉氏でしたね。

平和憲法を持ってるくせに、イラク戦争に派兵し、
日米共同作戦範囲を、無制限に伸ばす日米。
オマケに、票数欲しさに、靖国に参って、
中国の神経を逆撫でする。

たまりかねて、抗議し、軍拡を進めた中国に行って、
「中国脅威論」を打って「脅威はお前だ!」の
ブーイングを浴びた(メールで首=)前原前代表。

喧嘩と同じですよ。睨めば、相手も睨んでくる。
挑発して、指をポキポキ鳴らせば、相手だって興奮する。


ブッシュが、史上最悪の大統領だと判明し、
靖国参拝をしない首相の日本に対して、
中国のあの、友好姿勢です。
「本当に、中国がナチスなのか?」
「相手の身になって、考えてみる」必要が
あるんじゃないですかね~?


【真実の含まれていない物等存在しない】
=一切衆生悉有仏性(by大般涅槃経)と解すべきでしょうか?
しかし、親鸞の洞察する自分とは、
「自分=どこまでも凡夫であり、凡夫の中に、仏性は無い」
と言いきります。善導大師の説を引き、
「無明煩悩のわれらが身にみちみちて、欲も多く、いかり
 はらだち。 そねみねたむこころ多くひまなくして臨終の
 一念にいたるまで、とどまらず、きえず、たえず」

それが自分だと!
「だから、常に我々は、仏の誓いの言葉を聞き開いて生きねばならない」と、
聖徳太子の「世間虚仮、唯仏是真
      (世間は虚仮なり、唯仏のみこれ真なり)」
を味わって、
親鸞聖人は「ただ念仏のみぞまことにておわします」
と言われました。その生き方に、学ぶ者の集い、それが、
「念仏者九条の会」
なのです。

【時代が違えば存在しなかったであろうし、
     こんな阿呆な物を守っている国も他にない】

そうかもしれません。しかし、いつの時代も、常に、
民衆が心から、渇望している真実ではないですか?
イラク人も、パレスチナ人も、チベット人も、
チェチェンの人々も、世界中の紛争地に生きる・・・
子供を殺され、父を殺され、母娘をレイプされ、
悲痛な叫びを上げる人々が、今、心から、

「そんな国で、平和に暮らせたら、どんなに仕合せか!」
と、切望している願いのはずです。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
【結論】
【問】中国の反日教育はどう考える?
【結論】「中国=反日」ではなく、徐々に「好日」も増え、現状の
   中国の日本への感情は、「反・好」入り乱れた複雑なものとなっている。

【問】中国と対等の関係を築くには?
【結論】上辺だけのお詫び外交ではなく、平和憲法を前面に押し出した、
    融和外交を中心に据えるべき。
    中国の人権侵害等には、経済制裁を含む、毅然とした、
    態度で臨む!
    利害の交錯する問題の解決は、武力にたよる野蛮な方法でなく、
    国際司法裁判所で、争う。

【問】中国は、通商取引相手として適切か?
【結論】事実上、中国は我国にとって、No.1の通商取引相手であり。
    それ抜きに、日本の経済は、成り立たない。
    共に、アジアのリーダーとして、政治・経済の両面で、
    協力または切磋琢磨していく必要がある。

【問】核の傘の下で、命拾い?
【結論】本来、敗戦以来、あの冷戦時代でさえ、侵略・国家滅亡の
    危機は存在しない。今後、アメリカと友好関係を保ちながら、
    如何にして、軍縮して行くか?が、課題といえる。

【問】侵略されたではアジアの平和を脅かすだけでは?
【結論】(バイアスのかかった情報源以外には)
    信憑性のある中国脅威論は、存在しない。
   「アジアの平和」は、諸国が「何事も武力に頼らない」という、
    国際的空気を、作る必要がある。
Lee 2008/06/16(Mon)01:22:16 編集
無題
Leeさん、いつもご苦労様です。
そして農家の子さんもご訪問いただきありがとうございます。
難しいことは不勉強のためよく分かりませんがいつも拝見させてもらってます。

僕は九条を改正することにより世界が平和になっていくのであればもちろんそれでいいと思います。しかし、その過程で命の犠牲が無い(無い、はキツイですが理想ということで)ということが重要です。
そう考えるとその実現には、国連以外の世界各国が軍備を撤廃していく他ないことでしょう。
そこで平和な世の中を作るにあたって理想的過ぎるくらい理想的な憲法九条を前面に押し出して、日本が世界中に『軍備、やめれ!』と啓蒙していければいいですね。
そんな日本にどっかが攻めてきますかね?

そうでもしないかぎり世界平和は訪れないような気がします。

まずは世界各国が自国を守るためだけの本物の『自衛隊』のみを保有し、各地の紛争などは国連にお任せコースで対応してもらう、ってとこからはじめましょう!

という空想を日々してます・・


アスルセレステ 2008/06/17(Tue)03:13:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]