忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
70
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【アメリカの<<対イラン戦争>>のシナリオ】

イラクで今行われている惨事は、自爆テロだけではありません。
<<<シーア派による民族浄化>>>です。

イラクの多くはシーア派ですが、フセインのバース党がスンニ派寄りの政権だった
ため、 シーア派の有力者達は、隣のイラン(シーア派が主)へドンドン亡命して行きました。
そして当時は、少数派のスンニ派が、多数派のシーア派を支配している形でした。
しかし、フセイン政権崩壊と共に、イランに逃げていたシーア派有力者が、イラクに戻って来て、アメリカの指導の下、イラク警察・イラク慰安維持軍へと就職して行きます。
そして、米兵の代わりに、治安維持に従事するのですが・・・(汗;)。

そのイラク警察・イラク治安維持軍が、<<スンニ派狩り>>を始めてしまったのです。
各検問所で、警察は訊問します「お前は、何派だ?」。
そこで「スンニ派」と答えた人は、即拘束され、数日後、激しい拷問の痕跡と、
臓器を摘出された姿で、路上で発見されるのです。

これを米軍は、写真は撮りますが、

決して止めません。・・・なぜでしょう?

「対イラン戦争の<<大儀>>」の

格好の材料になるからです。


米「世界の皆さん、見てください!イランのシーア派は、
 こんなに酷い事を、イラクのスンニ派住民にしているん
です~!」

と宣伝するでしょう。

イラク・イランでは、シーア派が多数派なのですが、中東諸国全体としては、
スンニ派が多数派
なのです。

スンニ派狩りのニュースを見た中東諸国のスンニ派達は、アメリカの「対イラン戦」
に、 全面的に賛成するでしょう。そしてアメリカは、世界の連合軍と、現地の中東諸国の
軍隊をも引き連れて、縮念の(ホメイニ革命の大恥)の恨みをはらすつもりなのです。

そんな戦争で、日本の若者たちは、笑って死ねるんでしょうか?

【<世界の若者が命をかけて>の、
   <アメリカの陰謀>による、
 <アメリカの金持ち>のための<戦争>】

のために、改憲することが、賢明だとは思えません。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
NHKで憲法アンケート
2007年夏、NHKの「戦争と平和」
特集番組のキャッチフレーズです。


第二次世界大戦から62年近くたち、
戦争体験を語れる人が少なくなりつつあります。

そうした中、
改めて戦争を語り継ぎ、
平和の尊さを伝えることができれば…と、
50を超える番組をお送りします。

これらの番組が、
“戦後62年”の今の社会のありようを、
立ち止まって考えるきっかけになれば、
との期待をこめています。

http://www.nhk.or.jp/korekara/


NHKで憲法アンケート 2007/07/24(Tue)21:53:20 編集
無題
NHKで憲法アンケートさん、有難うございました。

皆で、参加しましょう!
Lee 2007/07/25(Wed)15:32:19 編集
意見
ご紹介ありがとうございます。
さっそく参加させて頂きました。
黄色いハンカチ 2007/07/27(Fri)12:20:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]