忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
70
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【どうして自衛隊はこんなに大きくなってきたか?】
自衛隊は、もともと米ソ冷戦の激化に伴うGHQによる
<非軍事化「日本をアジアのスイスにする」byマッカーサー>
政策の転換によって生れたんです。

1948年 海上保安庁海上警備隊>>>海上自衛隊
1950年 警察予備隊     >>>陸上自衛隊
1954年 陸・海・空自衛隊の創設
1990年 まで、米ソ冷戦は続いた。

そう延長線上で、湾岸戦争~イラク戦争と、
アメリカの要請のより、遠征能力が上乗せされました。
1960年代には、日本周辺に限られていた、
日米共同作戦の範囲は現在、、
遥か中東地域にまで、拡張されています
=「不安定の弧」。


【自衛隊が軍隊になったら、アメリカと対等になる?】
アメリカ主導で、進められた来た日本の軍事化です。
現状のまま、憲法改悪して軍隊にしてしまったら、
アメリカの都合よく使われるのは、目に見えています。

アメリカの戦争には、真っ先に駆出され、
「軍隊」なのですから、当然!戦闘行為で、
殺し殺される事を、覚悟しなければ成りません。

現在の「自衛隊」では、憲法の縛りがあるので、
「後方支援」までで、直接戦闘行為には、参加できません。

が、軍隊になれば、「日本の自主性が増す」どころか、
ますます、アメリカの手駒として、アメリカ軍の負担軽減の
任務を押し付けられるのは明らかです。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]