忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
70
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




>各地の紛争などは国連に対応してもらう。
>国連軍は誰にやってもらうのか?
>念仏者は「命」を「世界平和」をどう考える?

そして、日本人として、念仏者として、何をすべきか?を、
一緒に考えてみましょう。


紛争の真っ只中に、武器を持って乗り込む。
確かにそれも大切な事かもしれません。
しかし、もっと大切で、時間のかかる、骨の折れる仕事もあります。

【難民受け入れ・PKO・国境の無い医師団・UNHCR】
①殺戮を逃れ、国境を越えて、難民になる人々
 http://www.unhcr.or.jp/ref_unhcr/statistics/index.html

 日本も難民を受け入れていますが、その数は・・・
 ドイツ 157,310人
 カナダ 131,910人
 アメリカ 82,610人
 日 本    49人 と、きわめて、わずかです。(1990~1999)

②オビタダシイ地雷に、足を、命を、奪われる子供達
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%82%A2%E6%B4%BE%E9%81%A3

 自衛隊は1992年から、国連の要請を受けて、カンボジア等の活動を行っています。
 地雷は1個300円。しかしその除去には、1個100,000円掛かります。

 勿論、危険な作業です。
O(動画)民間企業も地雷撤去
 http://jp.youtube.com/watch?v=ffG8Ac6uwI4

③長い紛争の果て、飢餓や病気に骨と皮になって死んでいく子供達
 http://www.msf.or.jp/index.php

 「国境の無い医師団」の名は、最近よく聞くと思います。
 紛争=けが人が出ます。医師が最も必要とされます。
 僕は、兵士ばかりが、海外貢献とは限らないと思っています。

④救援物資をもらうため遠い距離を歩くミイラのような子供達
 http://www.japanforunhcr.org/act/a_africa_somalia_n_02.html

 「お金は出すが、人は出さない」を僕は、そんなに卑下していません。
 日本の援助で、多くの難民の命が救われています。

 と同時に、もっと注意すべきことは・・・。

【戦場での被爆・風土病】
 私たちの血税を絞った1兆3000万円は、湾岸戦争で、
 子供たちを、こんな姿にしてしまっていたという事実です。

O(注意)湾岸戦争後、バグダッドの新生児の先天的障害は、26.9%!何と4人に一人です。
 http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0269710/top.html
    これは、劣化ウラン弾等の影響と思われます。
 http://www.xs4all.nl/~stgvisie/VISIE/extremedeformities.html
 この事実を、私たちは、反省しすぎると言うことはないと思います。

 そして、当時こんな話題も、取り沙汰された事もありました。
O「サマワで被爆した自衛隊員たち」
 http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2005/06/post_2dda.html
 
 一方、僕が知人の自衛官から聞いた話は、
OカンボジアPKO活動から帰った同僚は、原因不明の風土病で、
 現在も闘病中
だそうです。
日本での発症例が無いから、労災も下りなかったと言います。

【そのサッカーボールに込められた願い・・・】
O(動画)カンボジアフラッシュ ゴミ山 ストリートチルドレン カンボジア フラッシュ ピース 平和 ミスチル
 http://jp.youtube.com/watch?v=1aWkKw_fO6k

 「先進国の子供が持っている
  ”サッカーボール”
  それを作っているのは 
  同じ年くらいの貧困国の子供たち

  子供たちの血と汗と涙で出来ている
   ”サッカーボール”
  私たちが便利な生活を送っている
  その裏側で、たくさんの人たちの
  血と汗と涙が犠牲になっています

  みなさんは知っていましたか?

  彼らに武器ではなく、
  ペンを与え、大人になった時に
  自分たちの国を、戦いではなく
  話し合いで平和にしてほしい」
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お父さん
自衛隊の今後の活動について、皆で考えて行きたいと思います。

しかし、普段は「優しいお父さん」「遊んでくれるお父さん」「悪い事をしたら恐いお父さん」
「お酒を飲んだら陽気なお父さん」「イビキがうるさいお父さん」「涙もろいお父さん」
「お母さんにはちょっぴり弱いお父さん」
       ・・・何よりも「子供たちが、大好きなお父さん」を、

「アメリカの金儲けの戦争」というGAMEの「歩駒」にしては、いけないと思います。
Lee 2008/07/18(Fri)04:04:27 編集
無題
LEE様、いつもUPご苦労様です。
色々と勉強させていただきました。

ただ、僕は『日本人は九条があるから兵はだせません、そのかわり他の形で貢献しますから兵だけはみなさんでおねがいします』
というのは違うと思います。
なぜならその方式だと他国に九条を勧められないからです。
さらに日本人だけが死ななければ良いのか?とも思います。
やはり全ての国の人たちが平等に安全、そして時にはそういう意味(国連軍としての派兵)での危険を受けるべきなんではないでしょうか?

なんか僕の意見は改憲側の主張みたいですが、今まで護憲側の中でしか話し合いをしていないのでたまには改憲側の人を呼んで議論できればもっと深まるのでは?と思いますがどうでしょうか?
アスルセレステ 2008/07/20(Sun)09:28:12 編集
[]
>『日本人は九条があるから兵はだせません、
>そのかわり他の形で貢献しますから兵だけはみなさんでおねがいします』
>というのは違うと思います。
>日本人だけが死ななければ良いのか?とも思います。

日本が兵を出さないのは、「九条があるから」「日本人が死んだら困るから」
なのでしょうか?
少なくとも、我々念仏者九条の会が、
「武力行使の放棄・戦力不保持を謳う日本国憲法を死守せよ」と主張する利用は、
お釈迦様の「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」のみ教えに生きんとするからですよね。

>やはり全ての国の人たちが平等に安全、そして時にはそういう意味(国連軍としての派兵)
>での危険を受けるべきなんではないでしょうか?
国連軍は、かつて一度も組織されたことがないので、「多国籍軍」ですね。

かつて多国籍軍の武力行使によって「全ての国の人たちが平等に安全」が守られたことが
一瞬でも、あったでしょうか?
ニカラグア等の、アメリカに組しない国の平等に安全は、踏みにじられ続けています。

極論をいうと「多国籍軍の出動する戦争」=「強国の国益に適う戦争」と言っても言いと思います。

(例)トルコ人がクルド人を殺すのには出資して、旧友フセインがクルド人を殺すのは死刑に値する。
  アメリカにとって、クルド人なんてどうでもいい。「全ての国の人たちが平等に安全」なんて、
  考えてないというのが、現状です。

アメリカの話しではなく、国連の話しだ・・・と思われるかも知れませんが、
http://www.afpbb.com/article/politics/2239311/1691274
世界の軍事費の40%を占めるアメリカを抜きにしては、国連は武力行使は不可能です。

もし本当に「全ての国の人たちが平等に安全」を守る、「国連軍」を望むなら、
国籍から完全に、独立した「純・国連軍」を作るしかないだろうと思います。
しかし、そのその可能性は、「0」に等しいですね(悲)。

次回は、
①この60年間、日本はどうやって、世界の警察=世界最強の殺し屋と付き合いながら、
 九条を守って来れたのか、
②世界が日本に期待している事は、本当に、銃を持って国連軍に参加することなのか?
論じて見たいと思います。
Lee 2008/07/22(Tue)01:54:36 編集
改憲派と議論
>今まで護憲側の中でしか話し合いをしていないのでたまには
>改憲側の人を呼んで議論できればもっと深まるのでは?
確かに深まります!
・・・が、論争するのは、結局Lee一人ですよね~(;´・`)>
正直シンドイです。でも、アスルセレステさんが、助けて下さるなら、
やってもいいですよv(*'-^*)bブイ♪!

参考までに、
mixiご加入の方は、[憲法9条]のトピ、
http://mixi.jp/view_community.pl?id=272802
O憲法9条を世界遺産に
O改憲・護憲徹底議論
OWhen the children cry 等で、
去年、うっとーしーほど、論争してますので、
お暇なときに、ご覧ください。
どれだけ論争しても、合意は決して有り得ませんからね~(汗;)。
Lee 2008/07/22(Tue)18:45:58 編集
無題
順番が前後しますが
> もし本当に「全ての国の人たちが平等に安全」を守る、「国連軍」を望むなら、
国籍から完全に、独立した「純・国連軍」を作るしかないだろうと思います。
しかし、そのその可能性は、「0」に等しいですね(悲)。

都合がいい話ですが、僕はこのことやアメリカ云々に関してはクリアーしたうえの世界での意見なんです。そこまでが難しいのは分かってますが可能性が限りなく低いとしてもそれが決定的に平和につながるのであれば希求するべきだと思いますので。

>日本が兵を出さないのは、「九条があるから」「日本人が死んだら困るから」
なのでしょうか?
少なくとも、我々念仏者九条の会が、
「武力行使の放棄・戦力不保持を謳う日本国憲法を死守せよ」と主張する利用は、
お釈迦様の「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」のみ教えに生きんとするからですよね。

もちろん我々が内側から見るとそうなんですが外側からはどのように見えるでしょうか?

いろんな人に護憲を勧めていきたいのですが、自分の不勉強のせいもあり、なかなかしっかりと伝えられないもどかしさがあります。
そこをクリアーにするためにも、改憲側との話し合いはネットでではなく、実際に面と向かってやるのはどうでしょうか?
ネットでの論争はほとんどが不毛なものになりますが実際に会って話してみるとある程度は建設的な話し合い、または学びになるんじゃないかな?と思いまして・・


アスルセレステ 2008/07/22(Tue)21:59:27 編集
九条の人は論争下手・・・(汗;)

>改憲側と、実際に面と向かってやるのはどうでしょうか

・・・きっと、コテンパンに論破されちゃうのでは~?と思います(汗;)。
彼らは、か・な・り・勉強してますよ~。
特に、戦時中のこと等は、克明に資料集めしないと、
論争に勝つのは、無理だと思いますね~。
まず、勉強でしょうね~。
よしりん・西部のオジサン位は、読破しといた方がいいと思います。

それに、ネットなら、調べる時間もありますが、
対面では、的確な答えを即答したり切り返したり、
相手の言葉を盾に取って「敵刀をもて敵を斬る」
などという芸当は・・・僕には無理ですね~。

でも、アスルセレステさんが、隣に居て下されば、殴られそうに
なった時なんか、心丈夫でしょうね~!そん時はヨロシクm(_ _;)m
Lee 2008/07/23(Wed)00:37:09 編集
無題
少なくとも、我々念仏者九条の会が、「武力行使の放棄・戦力不保持を謳う日本国憲法を死守よ」と主張する利用は、お釈迦様の「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」のみ教えに生きんとするからですよね。

ほお~アスルセレステさん
じゃあペマ・ギャルポ氏のこの話を聞いてどう思います?あなたの家族や知人が目の前で殺されても、あなたは相手と戦わないし、もちろん殺さないんですよね
それはあなたの思想だから、勝手にやってくださいよ
日本国民を巻き込むな


■ペマ・ギャルポ氏の警告(チベットから2005年日本に帰化、桐蔭横浜大学法学部教授)

敬虔な仏教国チベットでは指導者である僧侶達が殺生を禁じ「仏を拝んでいれば平和は保たれる」と主張し抵抗を禁じたがその結果チベットは地獄になってしまった。
中共軍が本格的に進入してきた時、チベット軍はすでに解体させられていた。
「インドに頼もう」とか「国連に訴えよう」とチベットは行動をおこしたがインドは動かなかった。
国際司法裁判所では「中国のチベット進攻は侵略である」と認定したが、それだけであった。

そして95%の僧院が破壊され、120万人のチベット人が虐殺された。
日本人に言いたい事は、自分でいくら平和宣言をしても他国を縛る事はできない。
泥棒を中に入れてから鍵をかけても遅いという事だ。

日本人 2008/09/09(Tue)15:33:39 編集
仏教否定?
ペマ・ギャルポ氏をお教え頂きまして、有難うございます。
もっと具体的にお教えいただきたいのですが、

【問1】ペマ・ギャルポ氏の主張は、
 「仏教の非戦の考え方によって、チベットは、侵略されてしまった」
 というものなのでしょうか?
 だとすると、彼の師=ダライ・ラマの説教と、大分違うように思うのですが…?
Lee 2008/09/09(Tue)17:51:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]