忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
72
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





恥かしめを受ける前に死ね
手りゅうだんを下さい
鎌で鍬でカミソリでやれ
親は子を夫は妻を
若ものはとしよりを
エメラルドの海は紅に
集団自決とは
手をくださない虐殺である
丸木位里・俊

上は沖縄・佐喜間美術館に収蔵されている「沖縄戦の図」■■■に、丸木位里・俊夫妻が記した一節です。(「沖縄戦の図」については『大乗』2月号、佐喜間道夫氏インタビューを参照)

「集団自決」に日本軍が関与した、という教科書の記述に、文科省が検定意見をつけ、削除させたことが問題となっています。文科省の検定意見は座間味島元守備隊隊長が大江健三郎氏と岩波書店を訴えた裁判を論拠としていますが、
(その背後にいわゆる「自由主義史観研究会」の存在があります)
そもそも当の「集団自決」で生き残った方々の証言を無視するこのような「検定」に、沖縄県民が怒るのは当然のことでありましょう
(21日NHK「クローズアップ現代」で詳細に報道されていました)。「ここまでやるか!」という怒りを私自身禁じ得ません。

そもそも沖縄に於いては自ら死を選んだかのようなニュアンスのある「集団自決」という呼称を用いず「集団死」と表現しているほどです。沖縄の人々は「国のために、天皇のために死を選んだ」のではない、死にたくないのに死を選ばされたのです。「命どぅ宝」=命を宝として大切にする沖縄の思想は、「殉国美談」=ヤスクニの思想とは対峙するものです。(『世界』7月号、高橋哲哉氏の論文を参照)
沖縄に犠牲を強いているヤマトンチュの一人として、沖縄の人々の闘いを強力に支援していかねばならないと思うことです。

明日6月23日は、戦後62年目の沖縄戦「慰霊の日」です。

にんにん
PR




『北の国から9条を守ろう』
■■■

(講演)評論家  佐高 信 氏
   「城山三郎の遺言ー戦争で得たものは憲法だけだー」

(出演)コント集団「ザ・ニュースペーパー」

(日時)6月23日会場17:30
        開演18:00

(場所)北海道厚生年金会館 大ホール
   (札幌市中央区北1条西12丁目)

(参加費)500円

北海道内の9条の会、総結集の一大イベント!

是非!是非!是非!ご産科・・・モトイ・・・ご参加されたし!


本当の愛国心とは、戦争をしないこと
                       元・日本兵
            『憲法が変わっても 戦争にならないと
               思っている 人のための本』より

兵隊というのは、戦うのも兵隊、死ぬのも兵隊、捕虜になるのも兵隊
で、ただの消耗品なんだけど、人を殺せるようにならせないと、
そもそもの戦力にはならない。
だからね、初年兵には「刺突訓練」をさせるんです。捕虜の中国人を
木に縛りつけて「やぁーっ」て声を上げて走って行って銃剣で突刺す。
はじめは震えて「俺はできねぇ」ってわんわん泣いちゃう兵隊も、
一二回人を殺す度胸をつけさせるの。その繰り返しの中で、だんだん、
慣れてくる。すると、殺すのが逆に面白くなってくる。
人を殺せば階級も上がる、上からも喜ばれて、日本男児として誇りが
出てくる。
人を殺すことは、お国のため、天皇のためってことになってくる。

それに、人を殺すだけじゃなくて、戦地では村の物資も奪う。
莫大な量の小麦や綿花を、軍の「作戦」として村からがっさり奪う。
実体はただのカッパライなんだけどね。
兵隊になれば必ず死ぬ、遅かれ早かれ死ぬって意識がある。だから
人殺し、カッパライや強姦といった罪行も平気になってしまった。

でもね・・・。

ある中国の村を包囲作戦で一網打尽にした後、ある家屋の奥のほうで、
女の人が子どもを抱いているのを見つけたんだ。女・子供も殺して
しまえって、上から命令されているから、どうせ殺すんだったらって
古年兵は、女を見つけると結局強姦する。この時も、順番で、私が
先に子供を連れて外で待っていた。怒鳴り声、泣き喚く声。
やがて二人が出てきたけど、失敗したらしくて、その女を井戸にぶち
込んだんです。中国の井戸っていうのは、すごく深いんだよね。
入ったらまず助からない。そうしたら、子供っていうのは親がいる所
はどんな所でも安心だと思うんだろうね、自分のお袋さんが井戸の中
へぶち込まれたものだから、箱を踏み台にして、その井戸の中へ、
泣きながら飛び込んでしまったんだよ。
 我々はまさかっさて、びっくりしてしまった。そして、早く息を
引き取らせてやるためにって、手榴弾をその中に投げ込んだんです。

今もって、私の頭から離れないんですよ、・・・この光景が。

理屈じゃなくて、本当の愛国心とは、戦争をしないことだって思う
んですよ。
天皇のため、お国のために戦うことが愛国心ではないんだよ。
戦争をしたって、一般の人は皆泣くんだよ。




『九条の会・北大+医療者九条の会・北海道ジョイントシンポジウム』
■■■

<<香山リカと憲法9条 憲法と“こころ”の関係を考える>>

O日時 2007年6月16日(土) 15:00~
O場所 北大クラーク会館講堂(札幌市北8西7)
O参加費 500円
O特別報告 憲法「改正」論議をめぐって
 札幌弁護士会副会長 渡辺達生




O日本の青年会議所が製作した「誇り~伝えようこの日本のあゆみ~
 というタイトルのアニメーションDVDです。戦死した青年が現代
 に現われて、女子高生に戦争の正 当性を主張して靖国神社を案内する
 内容です。日本は自らを守るために仕方なく戦争をしたし、アジアを
 解放するための戦争だった、という主張を繰り返しています。

■■■

O日本共産党の石井郁子議 員は去る17日、衆院委員会で過去の戦争に
 対する反省と謝罪を盛った1995年の村山談話に 反することと言い
 ながら委託を直ちに撤回するよう促しました。

 しかし、安倍総理は「日本共産党の立場から評価しているのではないか」
 「別に問題になることもない」という認識を示しました。

文科省の推薦DVD? おまけに15億円補助? 国が認定?

 訳分りませんね・・・まったく!


忍者ブログ [PR]