忍者ブログ
「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(釈尊) 「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」(親鸞聖人)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[02/26 B-Lee]
[02/25 ちしゅー]
[12/07 wittaesqui]
[12/07 brionecrot]
最新TB
プロフィール
HN:
九条 守
年齢:
70
性別:
非公開
誕生日:
1947/05/03
職業:
日本国憲法
趣味:
平和主義
自己紹介:
第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調と
する国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力によ
る威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

(2)
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。







「経った今,友人の大学教員から メールが届きました。
 これが 皆殺し作戦でなくて 何なのか?
 ハマスのロケット攻撃などと マスコミは騒いでしますが
 恐ろしいことです。」                byヒゲ親父


~~~~~~~~~~~~~


ドイツの報道メディアを代表する週刊誌である
「シュピーゲル」誌のインターネットサイト(Spiegel Online)で、イスラエルがガザ地区に対して白燐弾を使用していることが報道されています。
写真も6枚掲載されており、ドイツ語が読めなくても様子がわかります。大型の自走榴弾砲で白燐弾を発射している瞬間の写真もあり、単なる小型の信号弾のようなものではなく、本格的な砲弾であることがわかります。

http://www.spiegel.de/wissenschaft/mensch/0,1518,599555,00.html

「発煙弾の使用でイスラエル軍への非難強まる」(本田ヒロシ訳)

「シュピーゲル・オンライン 
2009年1月6日、午前6時51分 マルクス・ベッカー記者」

イスラエルはガザ地区でリン弾を使用していると批判されている。
ジュネーヴ条約は煙幕を張る目的でのみ、リン弾の使用を認めている。これに対し、人口密度の高い地域での使用は、爆発が重度の火傷を引き起こしうるため、意見が分かれている」。
「ハンブルク及びアシュケロン発―それはもともと、イラクにおける米英軍による広報活動の数ある失敗の一つにすぎなかった。 米英軍が現地反乱勢力殺害のため意図的に白リンを使用したという噂が流れたとき、連合軍はまず否定した。
防御的に煙幕を張り、また目標を照らすために使用したと主張したのである。しかし後になって噂が本当だったことを米英軍は認めざるをえなくなった。 国際的な怒りは大きく、インターネット上には悲惨な火傷や焼け焦げた人間の写真が流出した」。
「今、この批判の多い弾薬が再びニュースになっている。
『イスラエルはリン弾でガザに火の雨を降らせている』
イギリスの新聞「The Times」は見出しをつけた。 通信社発の多数の写真はこれを実証しているように見える。
これらの写真は、砲弾が空中で爆発して白熱する破片を放出し、地上へ落下する過程で厚い煙の幕を残す様子を示している。
こうした写真は、イスラエルが保有していることが知られ、最近では2006年にレバノン戦争で使用したリン弾に、特徴的である。
リンが生み出す厚い煙の壁は、進撃する部隊を防御するものとされている」。(中略)

「イスラエル軍の広報官は、煙幕にどのような物質が使われているかを明らかにしようとはしない。
シュピーゲル・オンラインからの照会に対しては、『イスラエル軍の戦闘部隊は国際法を遵守して行動している。
これには兵器や弾薬の使用も含まれる』とだけ回答してきた」。
「法的状況がどうあれ、人口密度の高いガザ地区へのリン弾使用は、イスラエルの行動への批判を一層強めかねない。なぜなら、この物質は非常に危険だからだ。
リンは酸素と触れると、一瞬のうちに着火し、摂氏約1300度に達する。白リン弾は第二次世界大戦時にもドイツの都市への爆撃に使用された。ゴムと混合したリンは、粘着状の塊となり、一度着火すると、水で消火することができず、犠牲者の体につきまとい、ひどい傷を負わせる」
「発煙弾としても白リンは決して無害ではない。白い煙と接触した人は、重度の火傷を負う。また吸い込むと、リンは気道を損傷する。
リンへの接触は目や肝臓、心臓、腎臓、骨にも害を及ぼす。最もひどいのは皮膚と組織への接触である。
リンの粒子が完全に消滅するか、あるいは骨に達するまで、止まらないからだ。
燃焼は水で抑えることはできるが、リンが乾くと、再び自然発火する可能性がある」。
「火傷には熱火傷のほか、化学火傷もある。これは例えば水との接触によってリン酸が皮膚に生じるような場合である。
白リンは毒性も高い。致死量はわずか50ミリグラムだが、死はゆっくりと、しばしば5日~10日後に訪れる。これは毒が蛋白質や炭水化物の合成を阻害するためだ」。
「ジュネーヴ条約によると発煙弾としての白リン使用は許容されているとされるが、『いずれにせよ、その使用は批判されている』と、生物・化学兵器管理のための組織であるサンシャイン・プロジェクトのヤン・ファン・アーケンは見ている。
『白リンはそれ自体が残虐な兵器であり』、その効果は化学兵器に匹敵するという。
また、空中で爆発する砲弾の写真は、ガザ地区に対するリン使用が、決してジュネーヴ条約に忠実にあることを実証しているわけではない。『どれだけの砲弾が地上で爆発しているか、誰にもわからない。二枚の写真はどのような機能に使われているのかについて、何も語っていない』と、ファン・アーケンは言う」。

PR


ガザ地区停戦を呼びかける国際署名
について、署名文の仮訳を加えた紹介文を作成しました。

 自体は緊急ですので、是非署名にご協力くださるとともに、知人にご紹介くださいますようお願いします。


(以下転送、転載大歓迎)

 ガザ地区へのイスラエル軍の攻撃で既に370人を超える市民が犠牲になり、更に地上軍の侵攻も計画されています。しかし、欧米各国の首脳は、イスラエルの攻撃を過剰反応としながらも、今回の問題の責任は、第一義的には最初にロケット弾攻撃を行ったハマスにあるとし、積極的な介入を行っておらず、国連安保理も方向性を集約できない状態です。

 仮にハマスに責任を求めるとしても、370人以上の人が犠牲になっており、寒さの中、更に尊い人命が失われようとしている状態で、緊急対策も行わないで責任論に終始していることは許されません。


 インターネットで活動を続けるAVAAZが、即時停戦を求める緊急署名を開始しました。

↓ ↓ 署名サイト ↓ ↓
http://www.avaaz.org/en/gaza_time_for_peace/?cl=161793181&v=2606

 目標25万人で、日本時間31日の8時40分現在やっと12万名に到達したところです。英語サイトですが、署名はとても簡単です。是非ご協力下さい!

**********************************************

【GAZA: STOP THE BLOODSHED, TIME FOR PEACE】
 ガザ:流血を止め、平和の調停を
 http://www.avaaz.org/en/gaza_time_for_peace/?cl=161793181&v=2606

 南イスラエルで、既に370人を超える市民が殺され、今も砲弾が浴びせられ続けています。パレスチナ紛争で繰り返される暴力の連鎖を終わらせるよう、世界の指導者に要求すべき時です。

 ガザ地区での即時停戦、そして2009年イスラエルとパレスチナの間に平和が構築されることを求める、以下の請願に署名をお願いします。


(以下請願文)

 国連安全保障理事会、ヨーロッパ連合、アラブ連盟、およびアメリカ合衆国に対する請願:

 ガザ地区における包括的な停戦を実現し、双方の民間人を護り、人道的な危機
がこれ以上深刻にならないよう直ちに行動するよう要求します。活発な国際的行
動と監視があれば、流血は止まり、ガザの通行が平和に再開され、2009年包
括的な平和への真の取組がつくられるでしょう。

(仮訳 どすのメッキー 31/12/2008)    byヒゲ親父



念仏者九条の会北海道・12・8戦禍を語り継ぐ会 合同
        
      学 習 会ご案内
  戦禍を語り継ぐ-日本軍と満蒙開拓団-

O日 時・11月28日(金)
        ・午後6時~
O場 所 札幌別院
     札幌市中央区北3条西19丁目℡011-611-9322
O会 費 500円


どのようにその時代を検証しても、実体験に並ぶモノはない。
私たちは今、戦争体験をどう受け継ぐのか・・・
今回、元日本兵の大河原氏、満蒙開拓団として満州に入植した
中野氏のお二人に証言をいただきます。
お繰り合わせ、お誘い合わせの上、ご参加いただきますよう、
ご案内申し上げます。

講師 大河原 孝一 氏
     「戦争体験を次世代に語り継ぐ」
    中野 美重子 氏
     「満蒙開拓団の真実と戦後の苦難」


O大河原孝一氏
  1922年│岩見沢市に生まれる。
  1936年│砂川小学校卒業
  1937年│国鉄・歌志内駅に勤務
  1943年│現役兵として旭川第7師団入隊
  1944年│中国へ
  1945年│上等兵 同年9月 伍長
  1946年│北朝鮮へ移動
  1950年│ソ連(現在のキルギスタン)に移動
  1956年│中華人民共和国に移動  
    撫順戦犯管理所に収監
    釈放、帰国する。
      中国帰還者連絡会副会長として後半生
O中野美重子氏
  1929年│ 樺太留多加郡に生まれる
       │ 満州濱江省
  1941年│ (現・中国黒龍江省)阿城に入植
       | 北海道に渡る
  1946年 │ 静内町奥高見に入植
       │ 離農。奥高見を去り、静内町
  1948年 │ 神森に住み、現在に至る。

 お問合先:念仏者九条の会事務局長      
      千歳市北信濃632-4 秀法寺 
       携  帯 090-1580-7171
      Eメール spsy9pk9@dune.ocn.ne.jp 宮川証法

主催:念仏者九条の会北海道・12・8戦禍を語り継ぐ会




映画『蟻の兵隊』レンタル中
http://www.arinoheitai.com/

O初詣に靖国神社にきたと言うギャルは、
 祀ってある人も知らない。
ギャル「今年もいい年でありますように…」
監督「このお爺ちゃんはね、
   中国に戦争に行ったの、1945年の8月15日で、
   戦争終わるじゃない。終わったにも関らず、なお
   4年間、中国に残って・・・。
   その後、中国は内戦状態になる。
   その内戦も戦った人なのよ。

   日本の戦争は終わっているのに、中国の戦争を、
   日本兵として、戦ったんだけど。ところが、
   勝手に志願して残ったとして、扱われちゃったわけ。
   その後今度は、捕虜になって、さらに5年間帰って
   来れなくて、だから、昭和29年になって、ようやく
   引き上げて来たの。

   で、日本に引き上げたら、今度は、
   『アンタは、日本の軍人じゃないよ』って言われちゃった。 
   自分はだって、日本の軍人と思って、戦ってたんだよ!」


ギャル「ヒドイですね!」「えらい、自分勝手ですね~」

O元兵長 奥村和一氏(80)の胸には、未だに、2発の弾が
 残ったまま。

O『残留日本軍部隊』とは?

 中国山西省で終戦を迎えた第1軍の将兵2600人は、
 武器解除を受けることなく残留した。
 国民党軍の部隊として戦後4年間 共産党軍と戦い
 550人が戦死した。
 ”軍の命令で残った”と主張する元兵士らは、
 ”志願による残留”とみなし戦後補償に応じない国を
 訴え続けている。

 
O第1軍司令官 澄田来四郎
 「これから兵力増援を図る」と発言した。
 元中尉 金子 傳氏は、
 「オカシナ事を言うな?ポツダム宣言に違反することが、
  可能なのか?」と疑問を持った。

 引き上げの時、
 「お前達が残ってくれるから、俺達は帰れるんだ」と、
 涙を流して、そう言って帰った。

 しかしその後、帰国した澄田来四郎は、国会で、
 「私どもと致しましては、特別な事情がない限り、
  出来るだけの人数を完全に復員させるために、
  あらゆる努力をしたつもりでおります。」
と、
 証言したのだ。

 「皆帰りたかったんだ。上からの命令だから、
  泣く泣く残ったんだ!」と口々に証言する。

O元兵長 奥村 和一 (80)
 「司法は、自らの国家の犯罪を暴露し裁くことはありません。
  ならば我々は、蟻の兵隊としてね、
  侵略戦争に参加して、戦ったとは、何なのか?
  なぜ、我々の戦友は、死んだんだ?
  と言うことを、訴えるんだ!」

O澄田は、中国国民党 将軍と、密約を結んだ。
 山西人民出版社 『日本侵晋紀O』には、
 「日本軍を共産軍と戦わせる為に残す計画。
  澄田は『全部は無理だが、一部なら考える』と述べ、
 『一番いい方法は、個別に残留させたという方法が望まし
 い』」とある。
 つまり、兵隊自らが望んだことで、軍の関与は無いという形
 にしたかった。
 こういうことが、初めから、決められていたんだ。


O中国現地人は、
 「掃討作戦の日本軍はそれは残酷だった。殺人・放火・
  家畜強奪。
  共産党の会秘密会議があると言って、シラミつぶし。
  でも誰が党員か分らない。人を見たら殺した。
  柱に人を縛り付け、犬(シェパード)に噛ませた。」

O壁には、当時の銃弾が残る。




日本人さんとの対論で、今年公開された映画『相棒』を思い出しました。http://jp.youtube.com/watch?v=oagfEvTqDmo

小泉時代の日本人は、結構~な、洗脳状態でしたよ~。
<<痛み>>
自民大勝利した衆議院選挙では、知り合いの保守ニートさんまで、
「イヤー!いい気分ですね~!」と、
えらく調子に乗ってました(汗;)。

内心「お前・・・小泉の言う<<痛み>>の意味…ホントに、分っとんのか?」
と思ってましたが。
もっとも、<痛み>は遅れてやってきたので、福田さんのせいだと、未だに、
勘違いしてる小泉Fanも、多いですがね~。

O イラク日本人人質事件
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E4%BA%BA%E8%B3%AA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

当時、こんなレスで応戦してる方が居ましたよ~。

>だってNGOだろうとなんだろうと死んだり、人質にとられたら責任とるのは国なんですよ。

 当り前だべさ!それが、「必要悪」=「国家」の存在意義だ。

 >あの高遠さんの件だって結局税金が投資されたからこそ解決できたんでしょ。

 
アホぬかせ! 日本国家の重鎮の誰が、イラクのムジャヒ
ディンにコネがあると言うのか
?
 サンケイ・読売の読みすぎじゃボケ!
 日本政府が、現地NGOにした事は、自衛隊を米軍の要請
 で派遣して、親日のイラク人の神経をサカナでした以外の
 何が、出来たというのだ?

 邦人拘束の情報が入って、真っ先に政府がとった行動は
 何だったか?
 三人の身元調査だよ! 。思想・家族構成・経歴・・・。
 つまり、はなっから、救出は二の次と言う事だ。

 救出時だって、政府は結局最後まで、3人の居場所は
掴めず
、いら立った政府は、アメリカ軍に泣き付いて、
 米兵が、町中の家々に、一軒一軒に突入して、シラミ潰しし
 始めた

 家族達は「そんなことしたら、殺されちゃうだろー!
 即刻止めてくれ!」
とまー、家族を激怒させる事が、
 せきの山だったのが、真相だ!

 そして「自衛隊撤退か?小泉辞任か?」と言う状態に陥った
 政府のとった次なる行動は?
 Mr.鍋島を動かして、週刊新潮に「反日分子」記事を
 書かせて、あの「自己責任」一大ブーームを巻き起こしたのだ。

 さとり君達みたく善良で、オツムの弱い方々からの、
 辛辣なバッシングの嵐となったんだよ。
 この掲示板のバックNo.見てご覧よ!忘れたとは、
 

 言わせない!

 被害者であるにも関わらず、本人曰く、
 「イラクから生きて返って、日本で焼き殺されて、
  橋に吊るされた思いだった」

 と云わしめたのは、一体、誰のお陰さまだと言うのか?
 「新潮」は今だに、執拗に、「飛行機代を踏み倒したまま」
 と、叩き続けている。 

 今回の救出が、政府のお陰と思っている奴は、
 洗脳されていると言っても過言ではない。

 イラクでの高遠さんの活動が評価されての救出劇で
 あった事を、再度、強調しておく!
 

                         (某掲示板2004/8/18より)

 一方、当時、吐き気を催すレスが、垂れ流されていた巨大掲示板は・・・、

 O【奉仕】高遠菜穂子さんの様な生き方ってどうよ

http://orz.2ch.io/orz/orz.cgi/life7.2ch.net/society6.2ch.net/volunteer/1081493655/


 コジンマリト・・・相変わらずのご様子です(--;)。


忍者ブログ [PR]